SITEMAP

撥水剤で木材を保護すれば雨水や汚れ防止に役立つ

工場

雨水は、一見ただの水に見えますが、実際には雲から地上に落ちてくる間に、様々な水溶性の汚染物質を中に含むようになります。決して綺麗なものではなく、雨水がしみ込んだ繊維や木材は、それと分かるシミが出来ます。また、木材の場合は、乾燥させずに温かい気温の場所に放置しておくとカビが生えたり、腐ってますます汚くなっていきます。
建築現場では、建物を作るのに使う木材を積み上げてありますが、何の加工もせずに野外に置きっぱなしにしておくと、やはり雨水による被害を受けてしまいます。防水用カバーをかけていても、雨水から完全に保護することは難しく、また、カバーでは、湿気を防ぐことまではできません。そこで、屋外に置いておく建材については、フッ素コーティング剤を撥水剤として塗布することで、水分による劣化から守る必要があるのです。
フッ素コーティングと木材の関係性で言えば、木材という素材の性質上、撥水剤としての役割がもっとも大切と考えられます。しかし、フッ素コーティング剤は、撥水剤としてだけではなく、一つで防錆剤、防汚剤としての役割も担える点が特徴的です。実際、フッ素コーティングを施した木材は、水をはじくだけではなく油も吸着しないため、建築現場で使われる油による汚れにも強いのです。

TOPICS

車

2019年06月14日

防水スプレー原液に使われる撥水剤効果があるフッ素コーティング剤

コーティングは、一般に、製品を汚れや破損からまもるために行われる加工です。…

光学レンズ

2019年06月14日

撥水剤利用で皮革製品を綺麗なまま長く使おう

皮革製のバッグやコート、シューズなどは、見た目にもハイグレード感があふれ、…

工場

2019年06月14日

撥水剤で木材を保護すれば雨水や汚れ防止に役立つ

雨水は、一見ただの水に見えますが、実際には雲から地上に落ちてくる間に、様々…

半導体

2019年06月14日

撥水剤加工された雨と汚れに強いスーツは外回りに最適

オフィスにいる時間よりも、外に出て仕事をすることが多い方は、着る物に人一番…